運航機材

使用機材のご紹介

ご搭乗のS-76C+/++は洗練されたデザインと機内環境の高さから世界各国でVIP輸送や要人の視察飛行などの用途に使用されているヘリコプターです。
シコルスキー S-76C+  (Sikorsky S-76C+)
シコルスキー S-76C++ (Sikorsky S-76C++)

ヘリコプター
乗員 2名(操縦士1名・整備士1名)
乗客9名
最大速度287km/h
巡航速度200km/h〜280km/h(風向・風量など各種条件よって異なります。)
航続時間約3時間(搭載燃料量など各種条件によって異なります。)
全長16m
全幅13.4m(メインローター回転時)
全高4.4m
エンジン型式Turbomeca社 アリエル2C1エンジン(S-76C+)
Turbomeca社 アリエル2C2エンジン(S-76C++)
エンジン出力787shp×2基(S-76C+)
853shp×2基(S-76C++)
最大離陸重量5,307kg
最大積載量約1,000kg(燃料搭載量等により変動します)
シート配列シート配列
担当者より窓が大きく雄大な眺めをお楽しみいただけると思います。
どこまでも広がる空、雄大な太平洋、自然豊かな各島の景色などが飛行中はいつでも絶景ポイントです!!
短い時間ではありますが、最高の空の旅をお楽しみください。

安全運航への取り組み

東邦航空ではお客様に安心してご搭乗いただくために、「安全運航の徹底を図り、事故絶無、不具合撲滅」を経営目標として掲げ、下記のような取り組みを行っています。

  1. 操縦士
  2. 整備士
  3. 八丈島事業所(運航主基地)
    毎朝、運航前に操縦士・運航管理者・整備士だけでなく、事業所内事務職の社員も含めたその他地上職者全員でブリーフィング(打ち合わせ)を実施し、全職員で情報共有を実施しています。
  4. その他地上職者
    毎年1度各島の運航関係者・役場職員・消防関係者・警察関係者・島民の皆様、弊社社員他参加のもと、緊急事態訓練を実施し、緊急時でもお客様を安全に誘導できるよう訓練を実施しています。
    ここで得た成果を、研究・分析し、安全への取り組みをまとめると共に、今後の課題を検討し、より高いレベルでの安全を提供できるよう努めております。

こういった取り組みの成果もあり、東京愛らんどシャトルの運航においては、平成5年の運航開始依頼、約20年間、無事故で運航を継続しており、今後もこれを継続できるよう社員一丸となって努力しております。

  • その他地上職者